読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしとなにがし

わたしがさまざまなものと場所を観察する。 抽象性と具体性/実験の場。

わたしと物語禁止令

エヴィルは小説家志望でいつも自作の小説を書いている。
「僕は物語に触れるのをこれから禁止する。8月〆切りの小説を書き上げるまで物語はしまうんだ。僕が書くものだけに触れるんだ。禁止されているから新しい話を自分で考えたくなるはずだ」
 わたしはそんなものかなーと思うけれど、無理なんじゃないかなとも思う。この世界は物語に満ちている。その物質の意味自体が物語でもある。
 鉛筆の用途は誰かに手に取られ紙に書かれることだ。
 鉛筆には誰かに書かれるという目的がある。
 その目的を達成するために鉛筆は自分で動くってことはできないけれど、受動的に物語が降ってくるのをいつも待っている。
 工場で生産され、パッケージ化され、セット販売されたHBの鉛筆。大学入学を果たした藤草晴海はありあまる時間を使って絵を描こうと思い鉛筆を求めた。紀伊國屋書店で彼はその鉛筆を手に入れる。家に帰るとスケッチブックを開き、手動の鉛筆削りをガショガショと動かしツンツンになった鉛筆を走らせる。
 尖りすぎた芯はボキッと音をたてて折れた。初書きが折れるとは、と衝撃を覚えるも晴海はまたもや鉛筆を削り帰り道に摘んできたスミレの花をスケッチしていく。
 鉛筆は誰かの物語に組み込まれて物語になる。私たちの人生に巻き込まれて物語の一部になっていく。
 用途通りの物語では無いかもしれない。
 オブジェとして使われたり、ただ、力を見せつけるためだけに折られるかもしれない。使われた瞬間に何かしらの物語に関わってしまっているのだ。それがおもしろいおもしろくないに関わらず。